うれし たのし 3人+1匹暮らし

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【拡散希望】ボーダー飼いのみなさんへ。

ボルトの数少ないワン友に
くるみちゃんという女の子がいます。





その くるみちゃんが
遺伝性の先天性股関節形成不全と診断され、
この度 2度に渡る手術を受けました。




くるみちゃんはブリーダーさんでの繁殖の結果、
この病気を遺伝しました。

連絡が取れている親戚犬は、ほとんど発症。

そして、今 そのブリーダーさんは営業が出来ない状態になっているそうです。




今回 手術をするにあたって毛も短くカット。



更に手術の時には つるっぱげにさせられたらしい…

そして絶対安静。



ボーダーに絶対安静って相当キツイ…




手術を終え くるみちゃんのママから

まだ連絡の取れていない血縁の方、
これから繁殖を考えている方に検査の必要性を伝えたい!

そして 知らずに重症になって後悔する方、
面倒を見きれなくなって捨ててしまう方を少しでもなくしたい…

と相談をもらい
私のブログが少しでも力になれればと記事にさせてもらうことにしました。




以下 くるみちゃんママからのメールを引用させていただきます。



++ご協力いただける方、拡散お願いします。++


今回崩壊したブリーダーは、埼玉のミッキーハウスです。

くるみを含め、ここの出身のコはとにかく遺伝性の先天性股関節形成不全のコが多いです。




母犬は皆血縁関係にあるので、
くるみと母犬が違っても発症する確立は高いです。
★くるみ血統図




股関節形成不全の検査は沈静下でのレントゲンで診断できます。

ペンヒップでの診断をおすすめします。
誤診断が少ないようです。

診断ができる獣医が限られていますので、
ペンヒップのHPで検索してもらうと分かります。




もしミッキーハウス出身のコで、
繁殖を考えている方、
本格的にドッグスポーツを考えている方、
検査をおすすめします。

異常がなければ安心して過ごせますが、
異常があれば早めに治療ができます。




我が子の仔犬を産ませたい気持ちはよく分かりますが、
この病気をなくす手立ては繁殖が鍵なんです。

病気やそれに伴うオペで苦しむコを少しでも減らす為に協力お願いします。




くるみは幸い早期に発見でき、
関節炎を予防する為のオペが適用できました。

(恥骨などの骨盤の骨を切り、



プレートを埋め込んだそうです。)



ただこのオペには適用条件が細かくあり、
発見が早期である事が一番大事だそうです。

オペ後は良好な事が多く、
ドッグランで遊ぶ事もできるそうです。




それでも完治はしません…。

プレートは一生入れたまま、
何よりオペの負担は大きいです。




関節炎がひどくなった場合に適用されるオペは痛みが残り、
予後は良くない場合が多いそうです。

とにかく、早期での発見が大事です。




見た目に分からなくても関節の緩みは出ている事が多いです。

検査する事を先のばししないでください。

たった一度の沈静をかける勇気で、
大事な我が子との楽しい生活が保証されるんです。




検査をしている間、愛犬は全く痛い思いはしません。

沈静がかけられる状態だと獣医が判断すれば、何にも怖い事はないんです。

愛犬の為に検査をしてあげてください。


+++++


愛猫チャピーが亡くなる時に、

「こんなに悪くなってること、
何でもっと早く気づいてあげなかったの?」

と何度も何度も思いました。




でも 動物は野生の中で生きていた頃の

"弱いものは淘汰される"

という本能があるため
隠せる限り隠そうとするらしいです。




見た目に分かるまで悪くなる前に
検査をされてくださいね。

そして 1人でも1匹でも苦しむ方が少なくなりますように。




くるみちゃん。

何年か先になるかもしれないけど、
またボルトと遊んでやってね。






* 2つのランキングに参加中 *
クリックで応援お願いします!


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| ボーダーコリーのボルト | 01:03 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

初めまして。

突然のコメントで失礼します。
うちにはマリン(6才)とカノン(3才)という栃木県のブリーダー出身のボーダーコリーが二匹います。
記事を見て、気になって血統書を確認したところ、ひまわりちゃんの母方の祖父とうちのカノンの母方の祖父は同じ犬でした。
1才頃からディスクをやってますが、今のところ問題はないです。
でも以前から後ろ足の関節でちょっと気になるところがあるので、心配でなりません。
近々検査受けてみようかなって思います。
突然の話で正直どうしたら良いのか混乱しています。

ブログ等やってないので、拡散する方法がなく、申し訳ありません。






| マリン&カノンまま | 2012/11/16 19:22 | URL |

マリン&カノンままさん

こちらでしたね!
気にしていただいてありがとうございます!

私のブログでお返事書きましたので、ご覧になってくだされば幸いです☆

| かんかん | 2012/11/17 00:34 | URL | ≫ EDIT

Re: 初めまして。

>マリン&カノンままさん

心配になりますよね...
混乱させてしまって 申し訳ありませんでした。

何ともないことを祈っています。

| aiishi85 | 2012/11/17 00:45 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://aiishi85.blog.fc2.com/tb.php/1028-f0a9db83

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。