FC2ブログ

うれし たのし 3人+1匹暮らし

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

初めての採卵。

昨日、採卵してきました。




前々日の決められた時間に点鼻薬を2回、
前日の22時以降から絶飲絶食、
当日はノーメイクを守り いざ出陣!




8:50迄に病院へ来てくださいということでしたが、
張り切り過ぎて8:30過ぎに病院到着。

下のコンビニで10分ほど時間をつぶし、
40分過ぎから並び始める。




8:50 病院開院。

私の前に15人ほど並んでいたので
こりゃあ しばらく待つなと高をくくっていたら
診察券を渡してすぐに「○○さん、どうぞ~」名前を呼ばれる。

え~、まだ全然心の準備出来てない 涙。




案内されたのはベッドが3つ置いてある部屋。

(ひとつひとつは距離もありカーテンで仕切られてます。)

「お手洗いは大丈夫ですか?」
「替えの生理用ショーツ、預かっていいですか?」
「下着を上下外していただき こちらの手術着に着替えてお待ちください。」

どーじよー、テキパキ進んでくよ…




手術着に着替えて 待つこと数分。

どうやら私の前に採卵をしてた人が帰ってきた気配。

看護婦さんへの応答に 呂律が回らないような口調。

やだ、麻酔 怖い。逃げ出したい…




と思うのも束の間。

「○○さ~ん、採卵室へご案内しますね。」




逃げ出すわけにも行かず採卵室へ。

カーテンもないし、
人はいっぱいいるし、
変な機械がいっぱいあるし、
薄暗いし怖すぎる。




でも そんなことはお構いなしに
看護婦さん達の見事な連携プレーにより
台の上に横になるが否や
点滴をされ、空気の管を鼻に通され、
心電図を測る機械を指先につけられ、
膣内洗浄をされ、痛み止めの座薬を入れられ…

数分の出来事でした。




その後 培養士さんが来て挨拶をしてくださって、

(若い女性の方でした。)

先生入室。




「じゃあ、○○さん(点滴から)麻酔を入れますね。
身体に逆らわずに寝てしまっていいですからね。」

と声をかけられた途端に鼻のあたりにきついアルコール臭を感じ…




すぐに落ちたのでしょう。

気がついたら 全て終わった後でした。

"あれまぁ、パンツ履かされてるよ"
なんて冷静に思う余裕があったり。




「身体 起こせそうですか?」と看護婦さん。
「何とか…」と私。

自分の身体じゃないみたいな重たさを感じながら
点滴をゴロゴロ引きながらベッドへ。




横になった途端に尿意を催し、
手を引きトイレへ連れて行ってもらう。

「絶対に鍵かけないでくださいね。」
と言われた直後に惰性で鍵をかけてしまい、
ドア越しに怒られる…トホホ

そして ようやく横になる。




時計もないし ここまでどれくらいの出来事だったのか分かりませんが、
一瞬のことのような 長かったような不思議な感じ。




長くなりそうなので2へ続く >>>




* 2つのランキングに参加中 *
クリックで応援お願いします!


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 不妊治療とベビ待ち生活 | 13:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://aiishi85.blog.fc2.com/tb.php/1136-14aa5d8a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT