うれし たのし 3人+1匹暮らし

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

初めての採卵2。

看護婦さん達が出たり入ったり、
パタパタしてる音で寝たり覚めたりを繰り返すこと数時間。

合間に点滴を変えてくれたりもしました。




「もうすぐ12時ですけど、具合どうですか?」

「大丈夫そうです。…お手洗いに行っても良いですか?」




足取りと顔色を見た看護婦さんが
「○○さん、大丈夫そうですね。
戻って血圧が安定していたらお着替えしましょうか?」と。

確かに まだぼんやりしてるけど、
身体はさっきよりスムーズに動く。

実家に顔を出す約束をしていたので
「はい!」と喜んだものの…

この後が大変だったのです。




血圧は問題なく ルンルン♪で着替えていたら
目の前が暗く、音が遠くに聞こえ出す。

あっ、これ 倒れる前のやつだ…と思いナースコール。

もうちょっと横にならせてもらうことに。




1時間が経過。

身体が起こせそうだったので、
最後の診察をしてもらおうと待合室で待っていたら 急に襲って来た吐き気。

トイレに駆け込み1回目のリバース。




診察後の問診の時に先生にあまりに顔色の悪さを心配される。

「14個取れました。」の声に一瞬気持ち悪さを忘れ お礼を言う。




お会計を待ってる間も
「大丈夫?迎えに来てもらえるの?」
と代わる代わるに声を掛けてもらう。

私の他に採卵してた人たち、颯爽と帰ってたのに恥かしい…




そして、車で迎えに来てもらったお母さんと合流。

顔色が真っ白なのと腫れぼったさに驚かれる。

不安だったんだろうね、気持ち悪さそっちのけで、
こんな事があったと一気にまくし立てる。




車に揺られること数分で帰宅。
すぐさま布団へダイブ。

(後から思うとよく階段登れたな。)




本格的に寝る前にお母さんを手足のごとく使い、
まずは空腹を埋めようとヨーグルトと処方された薬を飲むためのお水を持って来てもらう。

そして、一緒にお昼を食べよう!と待たせていたお母さんをおいて
おやすみなさい…zzz

14時頃の出来事。




そして小1時間経過。

「15時のおやつにご飯食べない?」とお母さん。

私がリクエストしたものを用意してくれていたので、
二つ返事で食卓についたら匂いにやられトイレへ駆け込む。

2度、3度、4度と続けて吐く。




その後も気持ち悪さとお腹の痛み(OHSSになりかけ?)と奮闘。

気持ち悪さは夕方まで止めどなく続きました。

お腹は現在進行形で痛い。

(直立二足歩行が出来ず、猿人のように背中を丸めて歩いてます。)




昨日の夜も 寝れる体制が限られていて
あ〝~とか う〝~とか唸りながら寝ました。

夜中に何度も痛みで飛び起き寝不足。




今日はボーナスにも関わる大事な試験があったり
アポがあったりで無理やりでも会社へ行こうと思っていたら

夫さんに「何かあっても会社は守ってくれないよ。身体が1番大切なんだから休みな」

と言ってもらい休んでしまうことに。

お昼休みに電話を掛けて来てくれたり
ツライのは私だけじゃないと感じられて嬉しいな♡


+++


備忘録も兼ねているのでダラダラと長文を書いてしまいましたが、
お付き合い ありがとうございました。

明日、病院へ行って来て
今受精している子たちの成績次第では移植して来ます。




* 2つのランキングに参加中 *
クリックで応援お願いします!


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 不妊治療とベビ待ち生活 | 14:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

採卵お疲れ様でした!
読んでいたら以前の職場を思い出しました。
14個採れたんですねv-410授精してぐんぐん育ってくれるといいですねv-343
私もドキドキです。
私が働いている職場は卵の移植まで患者さんと触れ合う機会がなかったので、患者さんがいかに頑張ってくれてたか…
ボルトママさんの記事を読んで、胸にくるものがありました。
自分が作った受精卵で妊娠、出産された方もいれば、どうしても私が働いてるときに子供を抱かせてあげられることができなかった人もいました。(もしかしたら今妊娠して出産してるかもしれませんね)
直接命を扱う現場で本気で戦っていた数年前を思い出しました。
ボルトママさん、ボルトパパさんがかわいいわが子を早く抱けますように!!

| 朝日ママ | 2013/03/15 19:35 | URL |

Re: タイトルなし

>朝日ママさん

ありがとうございますi-176
話を聞いていたので、培養士さんが来てくれた時 緊張してる中でもニッコリすることが出来ましたi-187

まさに命を扱う現場ですね。
患者さんの想いを繋いでくれる大事な大事な役割を担うって、
すごい責任重大でストレスも多いんだろうな…なんて冷静に感じてしまいました。
朝日ちゃんママもお疲れ様でしたi-228

でも、前にコメントで培養士ひとりひとりも必死に頑張ってるんですよという言葉を掛けてもらって、
今はナーバスにならずに 気持ち穏やかに どっしりとしていられます。
あとは信じるしかないですもんねi-236

| aiishi85 | 2013/03/15 21:40 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://aiishi85.blog.fc2.com/tb.php/1137-f335ad5f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。