FC2ブログ

うれし たのし 3人+1匹暮らし

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

結婚式 〜披露宴編〜

さぁ、ラスト。披露宴編ですsei



私たちが目指していたのは、おかたぁ~い披露宴ではなくて、

自然と顔がほころぶようなアットホームな披露宴sei

2人でいろいろと考えました。たくさん ケンカもしました。

だけども、想いは叶い、素敵な披露宴となりました。

ここで、披露宴の出来事をプレイバックですsei



まずオープニングで流したムービー。

1枚1枚 全て2人で写真を撮ったんですshokopon

この日のために三脚を買って、早朝のみなとみらいでロケを敢行。

写真を撮っては、確認。撮っては確認というかな~り地味で地道な作業でした。



プロフィール紹介の後は、ケーキ入場っっsei★

「盛り上がりますよ~」とは言われてたけど、当日まで想像もつかなかった演出。

2人だけだったら、ケーキ入場なんて出てこなかった発想です。

入刀した後は、恒例のファーストバイト。

その後は、今まで育ててくれてありがとうの感謝の気持ちを伝えるラスト(サンクス)バイト。

産まれて初めてご飯を口にした時と同じように、

会場内のゲストが発する「あ~ん♥akn♥」のかけ声に合わせて、食べさせてもらいました。



そして乾杯の挨拶→それぞれの主賓からの挨拶。

すごく盛り上がったけど、上手く言葉で表せそうにありません汗(クマset)



楽しかった前半戦はここまでで終わりで、お色直しです。

中座は、長女の私は彼のお兄ちゃんと、末っ子の彼は私の妹といったふうに

それぞれの兄妹としました♪



再入場は、ブーケ伝説という演出と共に。

▼ブーケ伝説とは....

  遥か昔、愛する人へのプロポーズの意味を込め、
  野の花を摘み、男性が女性に花束を贈ったのがブーケの始まりとされています。

  女性はイエスの代わりに、花束から抜き取った一輪の花を
  愛する彼の襟のボタンホールに・・・・。これがブートニアの始まりです。

  この伝説を元に お色直し後の再入場の際、
  新郎が各テーブルを回り花を集め、1つのブーケを作ります。
  そして、新婦にプロポーズと共に手作りのブーケを渡します。

といった演出なのですが、普通じゃつまらない!ということで、

ちょっとオリジナルの要素を加えました。

司会の方に、その人とのエピソードを語ってもらい、名前が発表されたところで、

新郎がテーブルへ向かい、花を直接受け取るというもの。



私は、彼に呼ばれてから登場という事で別の場所で待機していたので、

どんな様子だったか分からないのですが、

彼曰く すごくよかった とのことですsei



その後は余興→手紙→新郎挨拶という いわゆる披露宴でした。

合間合間で ずいぶんと泣いたなぁsei

前半までは、楽しいばかりで、新婦の涙なしの披露宴になるかと思ったのに。



何回かブログで、想像結婚式で涙ぐんじゃう彼は大丈夫なのか?

という心配をしたけど、心配無用でした。

なんでも、我慢をしたら、意外に出来たそうです。



以上、ノー写真で結婚式の様子をお届けしましたakn

夢だったんじゃないかと思うくらい、あっという間すぎる1日。

戻れるものなら、何度でも 結婚式の日に戻りたいです汗(クマset)

家族のみんな、来てくれたみんな、絶対に忘れられない1日をありがとう♥akn♥



★後記★

読み返しもせず、想いのままに書いたブログだから、

読み直すと何だかめちゃくちゃ。

興奮してたのがよく分かる&

写真は、当日の夜に泊まったインターコンチからの夜景です。

$*☆゚+.うれし たのし 2人暮らし☆゚+.*-SN3J00310001.jpg
スポンサーサイト

| old | 20:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://aiishi85.blog.fc2.com/tb.php/138-b2b1e931

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT